TOPICS トピックス

記事カテゴリー

CATEGORY

仕事に役立つ情報から、
会社での出来事などを発信しています。

2022/02/10

ユニバーサルデザインとは?

  • デザイン
  • お役立ち情報

こんにちは。中山POPセンター制作室です。

私事ですが先日、誕生日を迎え、また一つ歳を重ねました。
社内ではかわいいケーキと共にお祝いをしていただきました♪
今年も知識とスキルをたくさん蓄えられるように日々勉強していきたいと思う今日この頃です。

そんな私が2年ほど前に取得した「MUD(メディア・ユニバーサルデザイン)アドバイザー」について、
今回は、MUDの基礎となるUD(ユニーバーサルデザイン)をテーマに書こうと思います。


◆ そもそもUDとは?

「特別な製品や調整なしで、最大限可能な限り、
全ての人々に利用しやすい製品、サービス、環境のデザイン」

アメリカの建築家ロナルド・メイスが提唱した概念です。
よく混同されやすい「バリアフリー」は障がいがある方を対象とした
バリア(社会参加を阻む障壁)を無くそうという考え方です。

バリアフリーも素晴らしい考え方ですが、UDは現状よりもより多くの人が分かりやすい・使いやすい、
一部の人だけの専用になっていないというターゲットの違いがあります。
MUDの基礎となるこの考え方は、SDGs達成に大きく貢献する素晴らしい概念だと思います。

私はUDを学んでから改めて”一つの事柄における様々な可能性について”常に考えるように心がけています。
自分が意図している事柄が全ての人に誤解なく伝わることは不可能に近いのではないかと思っています。
だからこそ、「どのようなポイントや背景で人はどのような解釈をするのか。」
その”可能性”を常に探求することは、制作に関わる者として、
より多くの人が分かりやすい・使いやすいデザインにつながると考えています。

また、自分が想定できる”可能性”の幅がより広がるように、
日々色々なものを見て、感じて経験を積みながら制作に活かしていければと思っています。

今回はMUDの基礎となるUDについて概要を書きました。
MUDについてはまたの機会に情報発信していきたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

TwitterFacebookHatenaLinePocket

人気記事ランキング

まだデータがありません。

トピックス一覧に戻る

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ・ご相談・お⾒積もり依頼や詳しいご相談をされたい場合には
お問い合わせフォームをご活⽤ください。